店舗情報・地図を見る

  • ホーム
  • 質預かり
  • 買取
  • 取り扱い商品
  • 店舗案内
  • よくあるご質問
  • 個人情報保護方針
営業日カレンダー

店長の戸田です!!

創業60年以上続く老舗の買取&質預かりとしてこれまで多くのお客様にご愛顧いただいております。 当店が始めての方も大歓迎です。お気軽にお越しください。

0120-758-478

TEL : 052-451-4168
営業時間 : 9:00 ~ 21:00
休業日:毎月7・17・27日

スタッフブログ

お店を探すならタウンページ

スタッフブログ

スタッフブログ

質トダ屋の「のれん」

2021年10月29日

名古屋の質屋・トダ屋の「のれん」の画像


こんにちは。名古屋にある質トダ屋・店主の戸田です。


ホームページでもご案内させていただいているように、質トダ屋は創業60年以上続く信頼と実績の質屋です。名古屋駅からも徒歩圏内で地下鉄中村区役所駅からもすぐですので歩いてご来店いただけるお客様も多くいらっしゃいます。そうしたお客様の目印になっているのが、建物の看板とお店にかかっているのれん。今回はそんな質トダ屋の入り口にかかっている「のれん」についてのご紹介です。


質屋というとのれんというイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では入り口にのれんを出さない質屋さんも多くなってきました。のれんは古いイメージがあり、それを嫌っているのかもしれませんね。若い方にも来ていただきたいので、古いイメージを避ける気持ちもよく分かります。ただ質トダ屋は地域密着の質店としての歴史を誇りに思っています。それは信頼と実績の証でもあるので。のれんは私の中でその「信頼と実績の証」のアイコンのようなものなんです。ですので、これからものれんは出し続けていきたいと思っています。


そんなのれんですが、質トダ屋ののれんは巾が5つに分かれている5割れと言われるタイプのものです。のれんは奇数に割れていることが多く、これは奇数が割り切れない数で「余りがでる」→「余裕がある」として、商売をしている上で縁起がいいとされてきたからです。ご来店いただくお客様にとっても縁起がいいお店となるよう、精一杯誠意ある査定をさせていただきます。
ぜひ質屋をご検討の際は質トダ屋に足をお運びください。

【カテゴリー】スタッフブログ

査定に使う道具/ルーペ

2021年8月30日

質屋の査定道具ルーペ/ニコン


質屋の査定道具ルーペ/アルファーミラージュ


こんにちは。名古屋にある質トダ屋・店主の戸田です。
前回、試金石のご紹介をしたところお客様に「面白かったよ」と言っていただくことができ嬉しかったので、今回も質屋が使う査定のための道具についてご紹介したいと思います。


とは言え、査定に使う道具はいろいろあるので、どの道具にしようかな・・と迷ってしまいました。で、質屋の道具で使用頻度が高いものってなん何だろう?と考えた時にパッと頭に浮かんだのが、今回ご紹介させていただく「ルーペ」です。


質トダ屋では複数のルーペを使い分けているのですが、何といっても使用頻度が高いのは10倍のルーペです。一般のルーペと違い、査定用、特に宝石用のものはだいたいレンズが3枚になっているトリプレットレンズで、中心部だけでなく周辺部にも歪みがないものを使用しています。もちろん無色透明かどうかも重要です。ちなみにダイアモンドの鑑定書にはクラリティグレードという項目があるのですが、その基準は10倍に拡大して判断する内包物やキズなどの程度に関する評価のこと。10倍というのはそうした基準にもなっている拡大率になります。


その10倍ルーペを使って宝石はもちろん、時計やバックなどさまざまなものの査定をしています。


私が使っているのは写真の『ニコン』と『アルファーミラージュ』。主に使っているのはニコンです。明るくて、細かい所が見やすいので。仕事中はいつもこれを手元に置いてあり、査定の際に使用しています。相性もあるのでなかなか他のものに変えられません。使用してると傷がつくので、2年ぐらいで同じものの新品に変えてます。


使用頻度が高いだけに無くしてしまうと困るものNo1かもしれないですね。


日々査定にはいろいろな道具を使用しているのですが、今回ご紹介のこのルーペも使って、できる限り高額査定をと心がけています。もちろん査定は無料です。買取、質預かりをご検討なら質トダ屋へお越し下さい。

【カテゴリー】スタッフブログ

金メダルと試金石

2021年8月10日

試金石
▲試金石


こんにちは。質トダ屋・店主の戸田です。
今年はオリンピックが開催され、メダル獲得のニュースが連日TVで流れていましたね。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、オリンピックの金メダルは純金ではなく、純銀に金メッキをしたものになります。オフィシャルサイトにも東京2020オリンピックメダルデザインとしてメダルの仕様が書かれていて、金メダルは


●大きさ/直径85mm
●厚さ/最小部分: 7.7㎜ 最大部分: 12.1㎜
●重さ/約556g
●原材料/純銀に6g以上の金メッキ


と明記されています。
これはメダルを準備するのが開催国で、もし発展途上国でオリンピックを開催するとなった時にでも、純金のメダルを用意するのではなく、銀に金張りのメダルとすることで経済的負担を減らせるようにするためだと言われています。現在はIOCに提出し、事前の承認を得なければならないとなっていますが、近年まではオリンピック憲章の中で「1位および2位のメダルは銀製で、少なくとも純度1000分の925であるものでなければならない。また、1位のメダルは少なくとも6グラムの純金で金張り(またはメッキ)がほどこされていなければならない。」という細かい規定がありました。東京2020の純銀に6g以上の金メッキもここからきていると思われます。


さて、金メダルのトレビアが出たついでに、質屋のトレビアもご紹介します。
今回は「金」繋がりで、金などの貴金属を査定する時に使用する道具「試金石」についてです。


試金石というと、一般には「今後の成否の行方を占う試金石となる」とか「今度の政策は政府の試金石となろう」のような使われ方をする、価値・力量などを判定する材料となる物事という意味として使われる言葉です。
実はこの言葉、質屋に馴染みの深い用語でもあるんです。
というのも、質屋では貴金属の鑑定道具として「試金石」という道具をよく使用するんですね。広辞苑には「金・銀などの貴金属を磨って、その面に現れた条痕の色と既知のものとを比較して、その貴金属の品位を判定するのに用いる石」と紹介されており、先に紹介した「価値・力量などを判定する材料となる物事」という意味は、この品位を判定するのに用いるという意味からきています。ちなみにこの試金石は黒色の石英質の鉱石で緻密な粘板岩である那智黒石が使用されるているそうです。
質トダ屋では検査前にお客様から許可を得られたら、お持ちいただいた金などの貴金属にキズがつかないように気をつけ、試金石を使用させていただいています。もちろんこれだけで判断するわけではなく、金の場合なら刻印や比重検査、手ざわり、磁石反応などなどさまざまなチェックをし、トータルで判断させていただいています。


さて今回はTVでメダル獲得のニュースのあとに、アナウンサーの「今後の政局を占う試金石となる政策・・」という言葉が聞こえてきたのでトレビアとして書いてみました。少しでも質屋に興味を持っていただけたら幸いです。


質トダ屋では金とプラチナの売却手数料をいただいておりません。また経費削減を心がけその分をできる限りお客様に還元できるよう買取価格を出させていただいています。名古屋近辺で金などの貴金属の高価買取ができるお店をお探しであれば、ぜひ質トダ屋にお立ち寄り下さい。

【カテゴリー】スタッフブログ

7月8日は「質屋の日」

2021年6月30日

0708質屋の日

こんにちは質トダ屋店主の戸田です。
明日から7月ですね。


7月と言えば、質屋に関わりの深い日があるのをご存知ですか。実は7月8日は「質屋の日」なんです。全国質屋組合連合会が、7月8日の7(しち)と8(や)で「しちや」の語呂合せで、「安心のおつきあい」をキャッチフレーズに質屋の日に制定しています。以前に質屋に7がつく日を定休日にしているお店が多いことをご紹介したことがありましたが、それと同じ語呂合わせからきている記念日です。
この記念日を制定した全国質屋組合連合会は各都道府県の質屋組合連合会をもって組織されていて、全国には現在33の県連合会と、さらに26の単位組合があり、会員数は約2,000店を数える大きな組織です。もちろん質トダ屋も加盟しています。


この日は質屋のPRのために各地でイベントが行われ、なかでも2014年からは東京・巣鴨地蔵通り商店街では「特殊詐欺根絶キャンペーン」は質屋のしちまる・巣鴨のすがもん・警視庁のピーポ君・豊島区のとよしまくんが出演、高校生によるブラスバンドも登場し、商店街をパレードする楽しいイベントも実施していました。(今はコロナ禍で実施していないと思われます)


質屋の日に特殊詐欺根絶キャンペーン?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、質屋は目利き力が自慢であり、査定には自信があります。そのためのスキルを磨くことも怠りません。その上で買取や質預かりでお客様のお役に立てるよう、できる限り高額査定をさせていただいています。日々そう思いながら仕事をしているだけに、特殊詐欺のように人を騙すのは本当に許せません。たぶん、そう思う質屋さんが多いから質屋の日に特殊詐欺根絶キャンペーンを実施していたのかもしれませんね。あくまで私個人の感想ですが。。


7月8日は「質屋の日」。。


ぜひこの機会に質トダ屋にもお越し下さい。

【カテゴリー】スタッフブログ

金の買取価格と手数料

2021年5月31日

金塊のイメージ.jpg


こんにちは、質トダ屋・店主の戸田です。
最近、金の価格が上がっていますね。
1年くらい前はコロナ禍の影響で安定資産としての金の価格が上昇したと思います。今回の上昇は仮想通貨の下落も関係しているとニュースでやっていましたが、どうなのでしょうか。ホームページでもできるだけ毎日更新しているように、金の買取価格は変動します。売るのであれば買取価格が高いタイミングがおすすめです。


また以前のブログでも書かせていただきましたが、質トダ屋では金とプラチナの売却手数料をいただいておりません。この売却手数料はお店によって異なるため、結構差になることがあるらしく、お客様に喜んでいただいています。お客様の話だと買取価格はそれなりだったけど、手数料が思ったより高いというお店もあったそうで、そのお客様はトータルで考えるが大切とおっしゃっていました。


当店は創業60年以上続く地域密着型の質店であることを活かし、その歴史が培ってきた豊富な販路のネットワークと、家族経営によるコストカット、大通りの路面店にも関わらずお店は自社物件(つまり賃料がかかりません)による経費の削減などを通して、できる限りの買取価格を出させていただいています。お持ちの金がいくらくらいになるのかな・・とお思いの方はぜひこの機会にご来店下さい。

【カテゴリー】スタッフブログ

中村区役所駅から高価買取の質トダ屋へ

2021年5月17日

前回は、名古屋駅から質トダ屋までのご案内をさせていただきましたが、今回は地下鉄を使った場合のご紹介です。とはいえ、中村区役所駅から当店までは徒歩3分。名古屋駅からのご紹介のように見所をご紹介できるほどの距離ではありません(苦笑)
今回は「地下鉄の駅を降りてちょっと歩いたらすぐにある」ということのご紹介になります。
当店へは地下鉄桜通線で中村区役所駅を降りていただき、3番出口を出て太閤通を東へ。信号だと2つ目の信号の手前、徒歩で3分くらいの距離になります。


中村区役所駅から質トダ屋の道順1_中村区役所駅・3番出口
▲中村区役所駅・3番出口


中村区役所駅から質トダ屋の道順2_中村区役所駅・3番出口その2
▲中村区役所駅・3番出口その2


中村区役所駅から質トダ屋の道順3_太閤通を名古屋駅方面へ1
▲太閤通を名古屋駅方面へ1


中村区役所駅から質トダ屋の道順4_太閤通を名古屋駅方面へ2
▲太閤通を名古屋駅方面へ2


中村区役所駅から質トダ屋の道順5_太閤通を名古屋駅方面へ3
▲太閤通を名古屋駅方面へ3


中村区役所駅から質トダ屋の道順6_太閤通を名古屋駅方面へ4
▲太閤通を名古屋駅方面へ4


中村区役所駅から質トダ屋の道順6_太閤通を名古屋駅方面へ5
▲太閤通を名古屋駅方面へ5


中村区役所駅から質トダ屋の道順7_質トダ屋まで徒歩約3分
▲質トダ屋まで徒歩約3分


ちなみに地下鉄の中村区役所駅は中村区役所の近くにあるからその名称になっていますが、中村区役所は2022年に旧本陣小学校跡地へ移転予定です。それに伴い中村区役所駅という名称も変更になり、「太閤通」となります。その際にはお店へのご案内も「名古屋駅から徒歩9分、太閤通駅からは徒歩3分です」となりそうです。

【カテゴリー】スタッフブログ

名古屋駅から高価買取の質トダ屋へ

2021年4月16日

名古屋駅から質トダ屋までの道順1
▲名古屋駅から質トダ屋までの道順


そろそろ暖かくなり、気持ちのいい季節になってきましたね。散歩にも気持ちのいい季節です。
これまで質トダ屋は名古屋駅から徒歩圏内にありますと書かせていただいていたのに、名古屋駅からのご案内をきちんと紹介していなかったという反省を込め、今回は名古屋駅から質トダ屋までのルートをご紹介させていただきます。
せっかくなので今回は大通りである太閤通りを避け、名古屋駅西銀座商店街を通るルートをご紹介。google MAPで調べたら約9分となっていました。散歩にちょうどいい距離だと思います。


名古屋駅から質トダ屋までの道順2・JR名古屋駅から太閤通口へ
▲JR名古屋駅から太閤通口へ


名古屋駅から質トダ屋までの道順3・ビックカメラ前
▲ビックカメラ前


名古屋駅から質トダ屋までの道順4・シネマスコーレ
▲シネマスコーレ


まず JR名古屋駅を太閤通り口方面へ。
駅を出たら西に進み、ビックカメラの横を通過。少し歩いたところ左手側にあるのが「シネマスコーレ」です。名古屋駅西口の映画館で1983年2月に若松孝二監督が立ち上げた有名なミニシアターです。アジア映画、日本映画、インディーズ作品など特色のあるプログラムが人気の映画館で、副支配人の坪井さんは密着ドキュメントがメ~テレ(名古屋テレビ)で放送、東海テレビの番組「映画MANIA」にも出演されるなどその道で有名な方です。


名古屋駅から質トダ屋までの道順5・昭和通り駅西銀座
▲昭和通り駅西銀座


名古屋駅から質トダ屋までの道順6・秀吉が生まれてから天下統一を果たすまでの大出世ストーリーを表現したモニュメント
▲秀吉の大出世ストーリーモニュメント


質トダ屋へはそのシネマスコーレの前を通り、笈瀬川筋に向かいます。そしてそのまま昭和通りを5分ほど進んで下さい。この昭和通りには駅西銀座があり、以前このブログでご紹介したことがある「秀吉が生まれてから天下統一を果たすまでの大出世ストーリーを表現したモニュメント」もあります。そのモニュメントを探しながら歩くのも楽しいと思います。名古屋というと都会というイメージかもしれませんが、この駅西銀座はレトロな雰囲気の商店街です。名古屋駅からすぐ近くにこういう商店街があると知って驚かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


名古屋駅から質トダ屋までの道順7・たこ焼きらいおん堂・カトマンズキッチンのある交差点
▲この交差点を左折・太閤通方面へ


そして、駅西銀座をぷらぷら歩きながら、たこ焼きらいおん堂・カトマンズキッチンのある交差点まで来たら左折、南へ3~4分歩くと太閤通りに出ます。通りを渡っていただくと質トダ屋はすぐです。


名古屋駅から質トダ屋までの道順8・太閤通
▲太閤通


名古屋駅から質トダ屋までの道順9・質トダ屋店舗前
▲質トダ屋の店舗前


ここまで歩いた場合の名古屋駅からお店までのご紹介をしてきましたが、質トダ屋は大通りの路面店。もちろん、駐車場も完備しています。
お店の裏側に専用駐車場を5台ご用意していますので、車でのご来店もお待ちしています。名古屋での買い取り・質預かりなら名古屋駅から徒歩圏内、専用駐車場も完備でアクセス便利な質トダ屋へぜひご来店下さい。


名古屋駅から質トダ屋までの道順10・質トダ屋駐車場のご案内
▲質トダ屋・駐車場5台完備


名古屋駅から質トダ屋までの道順11・質トダ屋駐車場
▲質トダ屋・駐車場のご案内

【カテゴリー】スタッフブログ

名古屋駅の近くにあるかっぱの像

2021年4月 2日

名古屋駅の近くにあるかっぱの像


質トダ屋は太閤通り沿いの路面店で、名古屋駅から徒歩圏内にあります。今回ご紹介させていただくのは、名古屋駅から質トダ屋に向かって太閤通りを歩いていただくと見つけることができる「かっぱの像」についてです。写真は1体だけですが2体あります。場所は太閤通り笈瀬交差点。川のない街中にかっぱの像があるからちょっと不思議な感じを覚える方もいらしゃるかもしれませんね。実はこのかっぱの像「笈瀬本通り商店街」通称「かっぱ商店街」の入り口に設置されている像になります。


このかっぱ商店街には入り口の2体のほかにも、もう1体像が設置されていて、その台座には


名古屋駅近くのかっぱの像2


かっぱの由来
昔、笈瀬川(今の笈瀬本通り)に、子供の好きな一匹の「かっぱ」が棲んでおったそうな。このかっぱは力持ちの男の子に変身する特技があったんじゃ。ある日、川でおぼれている子供を助け、それからみんなに「人助けのかっぱ」と親しまれたそうな。笈瀬本通り商店街も、このかっぱにちなんで家計を助ける「かっぱ商店街」へ生まれかわったんじゃとさ。
笈瀬本通商店街振興組合

と由来が書かれています。


こんな街中にかっぱ?と思うかもしれませんが、昔はこのあたりに笈瀬川(おいせがわ)という川が流れていたんですね。
その笈瀬川、もともとこの辺りは伊勢神宮の神領で、そこを流れる「御伊勢川」と呼ばれていたのが表記を変えて笈瀬川となったそうです。ちなみにこのかっぱについては『尾張名所図会附録_3巻』(国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1240763 のコマ番号8〜10「椿乃森 河童の怪」を参照 )にイラスト付きで紹介されていますので、興味のある方は一度ご覧下さい。


その笈瀬川は庄内川の支流で、名古屋駅西「椿神社」の東側から今の笈瀬通りを流れていたようです。下流は「中川」(「中ノ川」他)と呼ばれ、伊勢湾に注いでいましたが、1930年完成の「中川運河」に吸収されました。同時期の笹島貨物駅整備に伴い、笈瀬川も埋められ、道路(笈瀬通り)となったそうです。(参考/名古屋市立笈瀬中学校https://www.nagoya-c.ed.jp/school/oise-j/Map.html
中川運河は名古屋の市街地と港を結ぶ水運の軸として整備されました。昭和40年代に入り道路が整備され陸運が進むと水運利用は急激に減少していくことになりますが、それまで名古屋の産業の発展を支えた重要な運河です。


ちなみに名古屋のシンボルである名古屋城、その石垣の建築を担当したのは築城の名人として名高い加藤清正ですが、その際に笈瀬川を使い石垣の材料等が運ばれたといわれています。加藤清正は豊臣秀吉と同じく、名古屋市中村区で生まれた武将。中村区には名古屋市秀吉清正記念館もあります。生まれ育った場所だからこそ名古屋城の石垣を運ぶのに笈瀬川を使おうと思ったのかもしれないですね。


質トダ屋はそんな加藤清正や豊臣秀吉が生まれた名古屋市中村区・太閤通り沿いにあります。 ぜひ名古屋駅に来たら歴史を感じながら質トダ屋にお越しください。かっぱや戦国武将には負けますが、質トダ屋も創業60年以上。その信頼と実績で高額査定させていただきます。

【カテゴリー】スタッフブログ

断捨離で気になるものがあれば質トダ屋へ

2021年2月26日

質トダ屋の外観


もうすぐ3月。あと1ケ月ちょっとで新年度です。昨年はコロナの影響で断捨離をしたという方が私の周りでも多くいらっしゃいました。特に年度が変わってからG.W.頃が多かったように思います。コロナの影響で家にいる時間が増えたのはもちろん、新生活がスタートし、家の中を見直すきっかけになったのかもしれないですね。ただ、お話を聞いていると「その内容なら高額査定できるかもしれないから質屋に持ってきてくれればいいのに」と思うことも多々ありました。


以前にも書かせていただいたことがありましたが、質屋は商品知識が豊富で目利きの能力が高いことに特徴があります。そのため品物を適正に評価することができ、高価買取につながりやすい傾向にあります。


質屋は査定のプロです。掃除や遺品整理など普段使っていないもので、これって価値があるかも・・と思うものがあれば、ぜひ質トダ屋にお持ち下さい。できる限り高額査定させていただきます。もちろん査定は無料です。

【カテゴリー】スタッフブログ

名古屋の質屋がお伝えする「名古屋」の由来

2021年2月26日

名古屋駅のイメージ画像


質トダ屋は創業以来名古屋市中村区で地域密着型のお店として質屋をさせていただいています。
以前ご来店いただいたお客様とのお話として質トダ屋の由来を書かせていただいたことがありますが、今回はお店がある名古屋市の「名古屋」の由来をご紹介します。


とは言っても、私も歴史の専門家ではありませんので、自分なりに調べた結果を引用させていただきます。 レファレンス協同データベースの『名古屋の地名「那古野」の由来について知りたい。』という中に紹介されているのですが、


『日本歴史地名体系 23 愛知県の地名』79頁「名古屋市」の項
 「古くは那古野と書き、また名護屋・浪越などとも記し、蓬左の別名もある。旧広橋家本「江家次第」裏書(東洋文庫蔵)にある建春門院法花堂領尾張国那古野庄領家職相伝系図に平安時代末期の荘園名として現れるのが初見で、南北朝時代の写本「弘法大使御入定勘決記」(真福寺蔵)の奥書にも「尾張国那古野荘安養寺」とみえる。近世の初め、徳川家康によって名古屋城下が開かれた頃から名古屋と名護屋が併用されたが、しだいに前者に定まり、明治22年(1889)現市名となった。

とあり、名古屋の古い表記である「那古野」は平安時代末から南北朝期に荘園名として現れるのが史料上で確認できる最初になるそうです。
当店は名古屋駅から徒歩圏内にあり、電話で場所をお伝えする時に名古屋駅からのルートをご説明することが多いのですが、その名古屋の由来が平安時代末まで遡るとは思いませんでした。お店のある中村区は太閤秀吉の出身地で歴史スポットが点在するエリアなので、普段から歴史は身近に感じてはいるんですけどね。お店も太閤通りという秀吉に因んで付けられた大通りに面していますし。


ちなみに「なごや」の語源は

  • 気候・風土がなごやかな地
  • ナゴ(霧)の多い原野
  • 根古屋(山城の麓にあった将兵たちの居住区域)
  • 浪が高くしばしば海岸を越えるから(浪越)
  • 魚子屋(なごや)(魚子は漁夫の意味で漁村のこと)
など諸説あるそうです。調べてみると結構面白いものですね。


名古屋駅から随分話がそれてしまいました(苦笑)
名古屋駅近くまで来たら、ぜひ質トダ屋にもお立ち寄り下さい。できる限り高額査定させていただきます。

【カテゴリー】スタッフブログ

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください!
052-451-4168
フリーダイヤルもご用意しております。
0120-758-478
営業時間:9時~21時 休業日:毎月7・17・27日、年末年始・お盆

TOPページに戻る