店舗情報・地図を見る

  • ホーム
  • 質預かり
  • 買取
  • 取り扱い商品
  • 店舗案内
  • よくあるご質問
  • 個人情報保護方針
営業日カレンダー

店長の戸田です!!

創業60年以上続く老舗の買取&質預かりとしてこれまで多くのお客様にご愛顧いただいております。 当店が始めての方も大歓迎です。お気軽にお越しください。

0120-758-478

TEL : 052-451-4168
営業時間 : 9:00 ~ 21:00
休業日:毎月7・17・27日

スタッフブログ

お店を探すならタウンページ

スタッフブログ

スタッフブログ

断捨離で気になるものがあれば質トダ屋へ

2021年2月26日

質トダ屋の外観


もうすぐ3月。あと1ケ月ちょっとで新年度です。昨年はコロナの影響で断捨離をしたという方が私の周りでも多くいらっしゃいました。特に年度が変わってからG.W.頃が多かったように思います。コロナの影響で家にいる時間が増えたのはもちろん、新生活がスタートし、家の中を見直すきっかけになったのかもしれないですね。ただ、お話を聞いていると「その内容なら高額査定できるかもしれないから質屋に持ってきてくれればいいのに」と思うことも多々ありました。


以前にも書かせていただいたことがありましたが、質屋は商品知識が豊富で目利きの能力が高いことに特徴があります。そのため品物を適正に評価することができ、高価買取につながりやすい傾向にあります。


質屋は査定のプロです。掃除や遺品整理など普段使っていないもので、これって価値があるかも・・と思うものがあれば、ぜひ質トダ屋にお持ち下さい。できる限り高額査定させていただきます。もちろん査定は無料です。

【カテゴリー】スタッフブログ

名古屋の質屋がお伝えする「名古屋」の由来

2021年2月26日

名古屋駅のイメージ画像


質トダ屋は創業以来名古屋市中村区で地域密着型のお店として質屋をさせていただいています。
以前ご来店いただいたお客様とのお話として質トダ屋の由来を書かせていただいたことがありますが、今回はお店がある名古屋市の「名古屋」の由来をご紹介します。


とは言っても、私も歴史の専門家ではありませんので、自分なりに調べた結果を引用させていただきます。 レファレンス協同データベースの『名古屋の地名「那古野」の由来について知りたい。』という中に紹介されているのですが、


『日本歴史地名体系 23 愛知県の地名』79頁「名古屋市」の項
 「古くは那古野と書き、また名護屋・浪越などとも記し、蓬左の別名もある。旧広橋家本「江家次第」裏書(東洋文庫蔵)にある建春門院法花堂領尾張国那古野庄領家職相伝系図に平安時代末期の荘園名として現れるのが初見で、南北朝時代の写本「弘法大使御入定勘決記」(真福寺蔵)の奥書にも「尾張国那古野荘安養寺」とみえる。近世の初め、徳川家康によって名古屋城下が開かれた頃から名古屋と名護屋が併用されたが、しだいに前者に定まり、明治22年(1889)現市名となった。

とあり、名古屋の古い表記である「那古野」は平安時代末から南北朝期に荘園名として現れるのが史料上で確認できる最初になるそうです。
当店は名古屋駅から徒歩圏内にあり、電話で場所をお伝えする時に名古屋駅からのルートをご説明することが多いのですが、その名古屋の由来が平安時代末まで遡るとは思いませんでした。お店のある中村区は太閤秀吉の出身地で歴史スポットが点在するエリアなので、普段から歴史は身近に感じてはいるんですけどね。お店も太閤通りという秀吉に因んで付けられた大通りに面していますし。


ちなみに「なごや」の語源は

  • 気候・風土がなごやかな地
  • ナゴ(霧)の多い原野
  • 根古屋(山城の麓にあった将兵たちの居住区域)
  • 浪が高くしばしば海岸を越えるから(浪越)
  • 魚子屋(なごや)(魚子は漁夫の意味で漁村のこと)
など諸説あるそうです。調べてみると結構面白いものですね。


名古屋駅から随分話がそれてしまいました(苦笑)
名古屋駅近くまで来たら、ぜひ質トダ屋にもお立ち寄り下さい。できる限り高額査定させていただきます。

【カテゴリー】スタッフブログ

渋沢栄一は質屋生まれって本当?その意外な関わりとは

2020年9月22日

money-2696228_640.jpg

渋沢栄一は日本の歴史に大きな影響を与え、日本資本主義の父と呼ばれている人物です。 新10,000円札にも描かれ、2021年に始まる大河ドラマの主役にもなっており、注目が集まっています。

その渋沢栄一と質屋は実は深い関係にあることをご存知でしょうか。今回は渋沢栄一が注目されている理由や質屋との関係についてご紹介します。


渋沢栄一が注目される理由

渋沢栄一は新10,000円札に採用された理由は、資本主義の父と呼ばれ、日本初の銀行を作るなど近代経済黎明(れいめい)期に多大なる影響を与えたからとされています。


470社以上の企業設立に関わっている

渋沢栄一は日本資本主義の父と呼ばれ、500社に及ぶ企業の育成に係わりました。また、養老院や孤児院など600社ほどの社会公共事業にも携わり、救護法の制定にも尽力しています。

その中には現在でも影響力があるような企業も多く、代表的な企業の例を挙げると


  • 第一国立銀行(現在のみずほ銀行)
  • JR東日本
  • 王子製紙
  • 東京海上保険(現在の東京海上日動火災保険)
  • 東京証券取引所
  • 帝国ホテル

などなど現在でも、日本に大きな影響を与えている企業の設立・育成に渋沢栄一は関わっています。民間外交にも関わっており、ノーベル平和賞の候補にも2回上がっていました。


2021年放送予定の大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に

渋沢栄一は2021年1月から放送開始予定の大河ドラマ「青天を衝け」の主人公にもなっており、注目が高まっています。

大森美香が執筆を行い、渋沢栄一役は吉沢亮が演じます。 渋沢栄一は日本資本主義の父と呼ばれ、どこかとっつきにくいイメージがある人も多いでしょう。

しかし、渋沢栄一の生涯を見ると、波乱万丈、様々な苦難を乗り越えてきています。「青春」をキーワードに濃厚な人間ドラマが繰り広げられるそうです。2021年の放送が楽しみですね。


渋沢栄一と質屋の関わり

そんな渋沢栄一ですが、以前紹介した坂本龍馬と同じく、質屋と係わりのある実家で生まれ育っています。

渋沢栄一の実家は「中の家」と呼ばれ、養蚕や藍玉の製造販売や雑貨屋などさまざまな事業を営む豪農でした。その事業の1つに質屋も兼ねていたそうです。渋沢栄一は家業である家業である藍玉の製造・販売、養蚕を手伝っていたそうですが、一般的な農家とは異なり、原料の仕入れと販売の計算が必要だったそうです。

14歳の頃には一人で藍葉の仕入れに出かけるようになり、この時の経験が商業的なセンスを磨くことになったと言われています。もちろん、実家の質屋で見聞きしたことも多いにその商業的なセンスを磨く役に立ったことは想像に難くありません。

また、渋沢栄一は幼少期から学問の手ほどきを受け、論語や儒教などを学んでいます。そこで学んだ学問は、後世で渋沢栄一の代名詞的な「道徳経済合一」という理念に大きく影響を与え、その偉業を成し遂げていく原動力となっていきます。

そうした渋沢栄一を形作る幼少期を過ごした「中の家」は現在でも残っており、その当時の様子を垣間見れるそうです。大河ドラマ『青天を衝け』が始まったら、人気スポットになるかもしれません。


渋沢栄一の活躍のルーツ

渋沢栄一の育った時代は幕末の動乱期。若き渋沢栄一も尊攘派志士として、密議を重ねていました。

その内容はかなり過激で、高崎城を乗っ取り武器を奪い兵備を整えた後、鎌倉街道を通って横浜に行き、横浜を焼き討ちして外国人を殺害しようというもの。同士も70人近く集まったものの、結局、仲間の弟に説得されて中止となりましたが、若い頃の渋沢栄一を代表するエピソードとして現在も伝わっています。

 その後は、計画は中止になったものの、幕府の取り締まりがあるため、故郷に残るのは危険と判断し、京都へ。

運命のいたずらというべきか、その地で後に将軍となる徳川慶喜に出会い、幕臣になります。その後、渋沢栄一は慶喜の弟を連れて遣欧使節団に随行し、2年近くをヨーロッパで過ごすことになるのですが、このヨーロッパの時に体験したことが後の日本の近代化に非常に大きく貢献することになっていきます。 

帰国して以降の活躍が日本の資本主義の父としての名前を不動のものとしていくのですが、それも幼少期から家業の仕事を手伝い商業センスを磨いたこと、海外で知見を広げてきたことがあってこそ。

もちろん、幼い頃から身につけてきた論語を始めとする教養も役に立ったことでしょう。そのどれが欠けていても渋沢栄一の偉業はなかったのでないかと思えるのです。

大河ドラマが始まったら、そういう観点で見てみるのも面白いではないでしょうか。

【カテゴリー】スタッフブログ

金・プラチナの売却は質屋がおすすめ?買取専門店との違いも解説!

2020年9月15日

gold-296115_640.jpg

「金やプラチナを少しでも高く売りたい」そうお考えではないでしょうか。 金やプラチナは質屋や買取専門店での買取が可能ですが、高価買取をしたいのであれば、適切な業者選びが大切です。


 しかし、売却する機会がない人も多く、どのように業者選びをすればよいかわからない人も多いでしょう。 この記事では質屋と買取専門店の違いだけではなく、どちらが高価買取できるのか、金やプラチナを高価買取するためのポイントまで解説します。

この記事が金やプラチナを少しでも高く売るための参考になれば幸いです。


質屋と買取専門店はどう違う?

金やプラチナを買取したいと思った場合、質屋に売るか、買取専門店に売るか2つの選択肢が考えられるでしょう。

この2つは同じようなものとして考える人もいるかもしれません。

しかし、この2つにはそれぞれ違いがあります。ここではそれぞれどのようなものなのか、どのような違いがあるのか、解説します。


質屋と買取専門店はどんなもの?

質屋とは、質預かりと買取の2つを行います。質とはある品物を担保にしてお金を貸すこと。物を担保にするため、消費者金融などと比べてスピーディにお金が借りられます。

買取専門店とはその名前の通り買取のみを専門に行うお店のことです。質屋のように質預かりはできません。そのため、細かい違いはありますが、質預かりができるかどうかが大きな違いだと考えてもよいでしょう。


質預かりってどんなものなの?

先ほど質屋と買取専門店の違いは質預かりができるかどうかという点を解説しました。質預かりは物を担保にする性質上、消費者金融でお金を借りる場合と以下の点で異なります。

  • 払えなくても取り立てのリスクがない
  • 審査が必要ない
  • 急ぎでもすぐにお金が借りられる

またお金をきちんと払いさえすれば、その品物は戻ってきます。逆に返済が難しい場合はその品物をあきらめさえすれば、その後取り立てられることはありません。 

質屋の場合は質にできる物さえあれば、「お金を借りる」「物を買い取ってもらう」という2つのことができると考えればよいでしょう。


金やプラチナ、質屋と買取専門店はどっちが高く売れる?

「結局質屋と買取専門店はどちらが高く売れるの?」ということが気になる人も多いでしょう。

質屋と買取専門店はどちらが高く売れるかと一概には言えず、簡単にポイントをまとめると以下のようになります。

  • 質屋か買取専門店かどうかでは違いはない
  • 売却手数料がある場合がある
  • 質預かりの場合はやや査定額が下がる

では次でそれぞれのポイントを詳しく解説します。


質屋か買取専門店かどうかでは違いはない

質屋か買取専門店かどうかで、査定額が変わるということはありません。「質預かりがある分、質屋の方が買取額が下がる」と言われることもありますが、これは誤解です。 

買取の場合であれば、質屋でも買取専門店でも大きく仕組みが変わる物ではありません。そのため、質屋と買取専門店のどちらが高く売れるかではなく、「どのお店が高く売れるか」という問題になるでしょう。

 お店の買取方針や目利き力などが、買取査定額には反映されます。そのため、高い買取額を出してくれるところか、目利き力があるところで売却を依頼しましょう。


売却手数料がある場合がある

金やプラチナの買取の場合、注意点としては売却手数料がかかることがある点です。売却手数料がどのような設定でどのくらいかかるかはそれぞれのお店で異なります。 

「〇〇g以下の場合、手数料が高い」「〇〇g以上の場合手数料が高い」など、お店によって傾向が変わり、手数料の金額も1,000円程度で済むこともあれば、15,000円以上かかる場合もあるなど、一概には言えません。 

このような売却手数料が設定されているようなお店の場合、高く売ることは難しくなることが多いでしょう。ちなみにトダ屋では金とプラチナの売却手数料は無料ですので、買取希望の方はお気軽にご相談ください。


質預かりの場合はやや査定額が下がる

質屋で買取ではなく、質預かりを利用する場合、買取と比べてやや査定額が少なくなります。これは質屋の性質上避けられる物ではありません。 

ただし、「だから質屋の方が安くなる」ということではなく、質預かりと買取は全く別のもの。そのため、気にしなくても大丈夫です。 

「金やプラチナを高く売りたい」という場合は買取を選べばよいですし、「手放したくはないけれど、金やプラチナを担保にしてお金が借りたい」という場合は質預かりを選べばよいでしょう。

質預かりと買取は目的が全く異なるもののため、買取査定という点で比較する物ではありません。


金・プラチナを高価買取するためのポイント

金やプラチナは高価買取が期待できる商品ですが、高く買取してもらうためには押さえておくえきポイントがあります。具体的には以下の点です。

  • 目利き力がある業者を選ぶ
  • レートを把握する
  • できるだけきれいな状態にしておく
  • 付属品がある場合はそれらも大切に保管する

次で詳しく見ていきましょう。


目利き力がある業者を選ぶ

金やプラチナの買取査定を依頼するときは目利き力がある業者を選ぶことが重要です。金やプラチナの商品は、金やプラチナの純度によって査定額が変わります。 

適切な目利き力がある業者ではない場合、実際の純度よりも低い水準で見積もる可能性もあるでしょう。そのため、買取業者を選ぶときには信頼や実績があるなど目利き力がある業者を選ぶことが大切です。


レートを把握する

金やプラチナの売却を検討している場合は、レートも把握しておきましょう。金やプラチナの買取価格は毎日変動しており、高く売るためには毎日のレートを見て、売るタイミングを見計らうことが大切です。


できるだけきれいな状態にしておく

金やプラチナの買取査定を依頼するときはできるだけ、それらをきれいな状態にしておきましょう。

 傷をつけないようにし、汚れはウエスなどを使って拭き取ります。特別な掃除用品などを使う必要はありません。下手に薬剤などを使うとかえって汚れてしまうこともあります。

本来査定額に響かない部分ですが、きれいに扱っているかどうかで、査定する人の印象にも変化があるかもしれません。


付属品がある場合はそれらも大切に保管する

金やプラチナなどに箱や付属品がある場合はそれらもきれいな状態に保管しておきましょう。

特に鑑定書がある場合は大切に保管してください。それらの備品の有無でも査定額は大きく変わります。


金・プラチナの売却はトダ屋がおすすめな理由

「金やプラチナを少しでも高く売却したい」 そうお考えであれば、トダ屋にお任せください。 

トダ屋は金やプラチナを他の業者よりも高価買取できる可能性が高いお店です。その理由としては以下のものがあります。

  • 手数料無料!
  • デザイン・ブランド・状態問わず買取可能
  • 宝石やダイヤ・ブランド品なども別途買取
  • 確かな目利きで高価買取可能!
  • 徹底的なコストカット

では次で詳しく見ていきましょう。


手数料無料!

トダ屋で金やプラチナが高価買取できる理由は手数料が無料だからです。 先ほど少し触れたように金やプラチナを売却するときには手数料がかかる質屋や買取専門店もあります。

数千円から数万円かかり、金額として無視できる物ではありません。 しかし、トダ屋の場合は手数料無料で査定いたします。そのため、他の業者と比べると、高く買取できる可能性が高いでしょう。


デザイン・ブランド・状態問わず買取可能

トダ屋では金やプラチナが含まれている貴金属製品はデザインやブランド、状態など問わず買取可能です。

  • 壊れた物
  • 汚れた物
  • イヤリングなどで片方がなくなった物
  • 古いデザインの物

上記のような状態でも問題なく買取可能です。具体的に買取可能な物は以下のものがあります。

  • 喜平・プレート
  • インゴッド
  • 金縁の眼鏡フレーム
  • 指輪・ネックレス・アクセサリー
  • 金杯・金の像・金の彫刻
  • シルバーアクセサリー
  • 記念金貨

壊れた物や部品だけになっている物、1g以下の物でも買取可能です。

「これは売れないんじゃないか」と思われる前にまずはお気軽にご相談くださいませ。


宝石やダイヤ・ブランド品なども別途買取

トダ屋では宝石やダイヤがついているような物も買取いたします。指輪で名前が彫ってある物、小粒石や石のみ、付属品がない場合などでも買取は可能です。

またトダ屋ではブランド品の買取も行っております。扱いブランドは日本国内のブランドだけではなく、海外ブランドも扱っており、高価買取が可能です。取り扱いブランドの例を上げると以下のものがあります。

  • Van Cleef & Arpels
  • HERMES
  • Cartier
  • CHROME HEARTS
  • CHANEL
  • BVLGARI
  • TIFFANY

上記以外にも取り扱いブランドは多数ございますので、まずはお気軽にご相談ください。


確かな目利きで高価買取可能!

トダ屋が高価買取できるのは確かな目利き力があるからです。特に宝石などはちょっとした大きさや色の違いで市場価値が変わります。

トダ屋では、確かな目利き力があるため、その商品が持っている価値を最大限査定額に反映いたします。 鑑定書がない物、付属品がない物でも目利きでしっかりと判定しますので、お気軽にお持ちくださいませ。

鑑定書がある場合は査定額に反映されるため、ぜひお持ちください。査定は無料で、時間も掛からずスピーディに行えます。


徹底的なコストカット

トダ屋が高価買取をしているのは徹底的なコストカットを行っているからです。

トダ屋では広告宣伝費にお金を極力かけないようにし、お客様の信頼を第一にしています。 そのため、広告費にかかる費用などをお客様の査定額に上乗せすることができ、高価買取が可能です。

査定額アップのポイントや、買取時期の相談などにも誠実に対応いたします。ぜひお気軽にご相談ください。


まとめ

この記事では質屋と買取専門店の違い、金やプラチナを高価買取するためのポイントについて解説しました。

 金やプラチナを高価買取してもらうためには、目利き力がある業者や、高価買取してくれる業者選びが重要です。 

名古屋近辺で金やプラチナの高価買取ができる質屋をお探しであれば、トダ屋にお任せください。トダ屋は1948年から地域に根ざした質屋として家族経営で営業しております。 名古屋駅から徒歩圏内、太閤通沿いで分かりやすい立地条件にあり、駐車場も完備しています。アクセスのよさが自慢の質屋です。

「これは買い取ってもらえるだろうか」そうお悩みでも、まずは気軽にご連絡下さい。

名古屋市・太閤通沿いの質トダ屋

2020年5月21日

hideyoshi.jpg

名古屋市の太閤通沿いにある質屋


質トダ屋は名古屋駅西から徒歩15分、地下鉄桜通線・中村区役所駅から徒歩3分の場所に位置し、名古屋駅の西側に広がる太閤通という大通りに面しています。

その当店がある太閤通りですが、なぜ太閤通りというかご存知ですか。
実は名古屋市中村区は豊臣秀吉が生まれた場所と言われていて、地名にも秀吉にちなんだものが多くあるんです。
太閤通りの名前も秀吉が関白を甥の秀次に譲り、太閤殿下と呼ばれていたことに因んだもの。他にも秀吉の馬印・千成瓢箪から「千成通り」、秀吉を祀る豊國神社の近く「豊国通り」、秀吉の幼名日吉丸から「日吉町、日吉小学校」、豊臣姓から「豊臣小学校」「豊公橋」などなど、他にも中村区には秀吉由来の名前がたくさんあります。


名古屋市には秀吉関連の名所がたくさん


ubuyu.jpg

ちなみに秀吉が生まれたのは常泉寺とされていて、産湯の井戸が残されています。また秀吉を祀った豊國神社もすぐ近くです。そこへ行くには、名古屋駅から太閤通を質トダ屋の前を通って西へ。しばらく進むと大きな鳥居が見えてくるので、その鳥居を北へ行けば常泉寺や豊國神社です。名古屋駅からは車で約10分くらいです。
また名古屋駅周辺で秀吉関連の名所といえば、名古屋駅から名古屋駅西銀座通商店街を経由して当店の最寄駅である中村区役所駅までの間に、秀吉が生まれてから天下統一を果たすまでの大出世ストーリーを表現したモニュメントです。徒歩ならそちらもおすすめです。これは名古屋城石垣風土台の上に、江戸時代に流行した『絵本太功記』の挿絵をモチーフにしたレリーフになっているそうです。
現在のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」は明智光秀が主人公。そのライバルであった秀吉も要注目ですよね。

名古屋市中村区にはそうした観光スポットが点在しています。質トダ屋は名古屋駅に近いだけでなく、駐車場も5台完備。コロナウイルスが落ち着いてきましたら、そうした観光スポットに訪れる際に、ぜひ質トダ屋にもお立ち寄り下さい。誠心誠意、高額査定をさせていただきます。

【カテゴリー】スタッフブログ

質屋のマンガ『七つ屋 志のぶの宝石匣』

2020年5月 8日

nanatsuya.jpg

以前、質屋に7のつく日を定休日にしている理由をご紹介したことがありました。
今回もcoffee breakとして質屋に関する豆知識をお届けします。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、質屋のことを関西では「一六銀行」、関東では「七ツ屋」と言う呼び方をする方がいます。これも定休日と同じく「質(しち)」と「7(しち)」で読みが同じところから来ているそうです。一六銀行は数字の一と六を足せば七。それに金融機関の代表である銀行の名前をつけて一六銀行。質屋が庶民にとって銀行としての役割を担っていたからこそ、親しみを込めてこうした名前がついたのかもしれません。そしてもう一つご紹介した七ツ屋という呼び方。こちらは江戸っ子のイメージで、江戸時代の浮世草子にも質屋が七ツ屋の名前で登場しています。
前振りが長くなりましたが、今回はその七ツ屋という名前をタイトルにしているマンガのご紹介です。

七つ屋 志のぶの宝石匣

皆さんは『のだめカンタービレ』というマンガをご存知ですか。2006年10月から12月まで連続ドラマとして放送され、その人気から特別編が2008年に、さらに2009年・2010年には映画にもなったので、覚えていらっしゃる方も多いと思います。あのマンガの作者・二ノ宮知子先生が女性漫画誌「KISS」で連載しているのが『七つ屋 志のぶの宝石匣』というマンガです。タイトルに「七つ屋」と入っていることからもお分かりのように、このマンガの舞台は質屋。
オフィシャルサイトの作品紹介では

舞台は東京下町の質屋、そこは色んな人が集まる、人間味あふれる場所──。 ある日、志のぶの元にブルーダイアが持ち込まれた。一方、顕が金持ちマダムから大きなダイアの鑑定を託される。この二つのダイアには、裏があって...。 「宝石×質屋」=新・二ノ宮劇場の開幕です──!!

となっています。質トダ屋は全国質屋組合連合会に加盟しているのですが、このマンガ、実は当初より全国質屋組合連合会が全面的にバックアップしています。だから、全国質屋組合連合会のイメージキャラクターにしちまる君も登場するカットがあったり、「古物商許可証」「受け出し」「全国質屋ブランド品協会(作品の中では全国質屋ブランド品研究会となっていました)」など質屋に関係する言葉がたくさん出てきます。もちろん査定道具なんかも出てきます。また連合会に加盟している質屋さんが先生からの問い合わせに対して、エピソードを紹介することもあるそうで、そうしたリアリティが作品を面白くしているんだと思えるマンガです。ちなみにマンガの舞台となっている質店・倉田屋も全国質屋組合連合会の加盟店という設定だそうです。質屋のしちまるの公式ページに

nanatsuya2.jpg
女性漫画誌「KISS」で好評連載中の七つ屋志のぶの宝石匣。志のぶと顕定に代わり、現役の質屋が勝手に詳しく解説!!

というコンテンツがあるので興味のある方は一度覗いてみてください。


南総里見八犬伝の滝沢馬琴と質屋

ちなみに有名な作家つながりのトレビアとしては、あの『南総里見八犬伝』を書いた曲亭馬琴[滝沢馬琴]が質屋を題材にした作品として、『昔語質屋庫』という作品を残しています。質屋の庫にある道具たちが、夜中にそれぞれの仮の姿を現わして身の上話をするという話で、「諸葛孔明陣大鼓」「平将門袞竜装束」「橘逸勢薄命一行物」「九尾狐裘」など歴史上の有名な事件や人物をテーマにした内容です。こちらは国立国会図書館デジタルコレクションで確認できます。

リンク先

いかがでしょうか。
今回は質屋に関連した作品がある有名作家をご紹介しました。江戸時代も今も生活に根付いているからこそ、質屋は有名な先生に取り上げてもらえるのかもしれません。質トダ屋も地域に密着した質屋として皆様の生活に根付いたお店を目指していきます。今後ともよろしくお願い致します。

【カテゴリー】スタッフブログ

坂本龍馬と質屋の意外な関係とは?

2020年5月 1日

坂本龍馬.jpg

今回もcooffee breakとして、質屋に関する豆知識をお届けします。 日本の幕末時代、長崎に日本で初めて商社を設立し、薩長同盟の立役者ともなったと言われている坂本龍馬。その時代ではかなり珍しいビジネス感覚を持ち、明治時代の立役者とも言える人物です。好きな歴史上の人物ランキングでも第2位に選ばれる(ランキングー 【男女12,708名に聞いた】一番好きな歴史上の人物ランキング【2019年版】)など大人気の人物です。


そんな坂本龍馬、実は質屋とも深い関わりがあるのをご存知ですか。
今回は坂本龍馬と質屋の意外な関係についてご紹介したいと思います。


坂本龍馬の実家は質屋さん

坂本龍馬と質屋の関係ですが、実は坂本龍馬の生まれた坂本家は質屋を営んでいた当時の豪商・才谷家が郷士株という武士の権利を手に入れて起こした分家。龍馬は「才谷梅太郎」という変名を使ってたいことも知られていますが、この才谷は質屋を営んでいる本家からつけたと言われています。


坂本家の本家・才谷家はどんな質屋だったのか

坂本龍馬の祖先である人物が土佐で始めたのが「才谷屋(さいだにや)」という質屋です。 高知県立坂本龍馬記念館には才谷屋跡として

才谷屋は坂本家の本家で、寛文6(1666)年に長岡郡才谷村からこの地に出て質屋を始め、後に酒屋や諸品売買業へと商いを拡大していった。八兵衛守之が最初だ。文禄から享保にかけて驚異的に発展し、播磨屋や櫃屋とならび称され、城下屈指の豪商にまで成長する。
才谷屋はもともと大浜姓を名のっていたが、明和4(1767)年、初代の太郎五郎の墓を建てた時には坂本姓を刻んでいる。この墓は直益が建てたとされるもので、坂本姓は直益の頃と思われるが、改姓の理由や時期を確証するものはない。三代目直益の長男八平直海が、本丁筋一丁目南側に分家したのが明和7(1770)年3月で、その翌年5月新規郷士となり坂本家が始まる。龍馬は直海の曾孫だ。

と紹介されるほどの豪商でした。文中に出てくる郷士株とは、いわゆる郷士の身分を譲渡することです。才谷屋八郎兵衛直益は元々商人の身分でしたが、この郷士株を取得することで武士として扱われるようになります。
坂本龍馬は武士として幕末で活躍しますが、その武士らしからぬ優れたビジネス感覚はこうしたバックボーンがあったからこそかもしれません。


今回は質屋の豆知識として、質屋と関わりのある有名人・坂本龍馬をご紹介しました。馴染みのない方に、少しでも質屋に対して親しみを感じていただけたら幸いです。

【カテゴリー】スタッフブログ

質屋の需要はグローバル!世界各国の質屋のお話

2020年4月23日

1611659_m_02.jpg


「質屋はあまり馴染みがないし、使うのに抵抗がある」このブログを読んでいただいている方の中には、そんな方も中にはいるかもしれません。
実は、質屋の仕組みは日本だけではなく世界各国にあり、国によっては人々の生活に重要な役割を果たしているところもあります。世界各地で利用されている。それくらい質屋の仕組みはよくできているんです。とはいえ、質屋が馴染みない人には、質屋がどのようなものなのか、どう使われているのかピンとこない人も多いと思います。

今回は質屋の世界事情や、質屋の特徴について詳しくお伝えします。
世界の質屋事情が分かると、これまでより質屋を身近に感じられるようになるかもしれませんよ。


質屋は日本だけのものではない

「質屋は日本独特の文化なのでは?」と考えている人もいらしゃるかもしれませんが、実際には質屋は日本だけのものではなく、世界様々な場所で存在します。


日本では鎌倉時代から

以前、「質屋はいつからある?」でご紹介したことがありますが、日本質屋の原型とも言えるものが生まれたのは鎌倉時代からです。鎌倉時代の質屋は「戸倉」と呼ばれ、酒屋が兼業で行っているものが主だったそうです。そこから江戸時代になって、今の質屋のシステムの元になるものが完成しました。モノを預けてお金を借りる、返済期限をすぎたモノの所有権が質屋に移る、という2つの原則はこのころに確立したとされています。


質屋の起源は中国にある?

質屋の起源を考えると、さらに遡った中国だと言われています。中国が発祥となり、そこから世界中に広まったという説が有力で、そのため、中国はもちろんのこと、日本やそれ以外の国でも、質屋と似たシステムのお店は世界各国に存在します。名称はそれぞれの国で異なりますが、大まかなシステムはほとんど変わらないようです。
※以前に質屋の原型は鎌倉時代からとご紹介しましたが、これは日本で貨幣経済が普及するのが鎌倉時代で、それとともに質屋の原型ができたという解釈です。質屋の制度はもっと遡り、遣唐使を通して伝わってきたとされ、そのため質屋の歴史を遣唐使の時代まで遡る説もあります。ただし、この頃はモノ同士による貸し借りが制度としてあったとされ、モノと貨幣ではありませんでした。


質屋の仕組みは各国で異なる?

海外にも質屋はありますが、大まかに共通していることがあります。ただ、その細かい仕組みはそれぞれの国家ごとに異なります。
大まかに共通して言えることとしては、以下の仕組みが挙げられます。


  • モノを担保にお金を借りる
  • 支払い期限が過ぎたら所有権が移動する

これらの仕組みはほとんどの国の質屋で共通して言えます。
しかし、各国の質屋で特徴は変わり、イギリスではネット質屋、フィリピンでは送金もできるなど、独自の変化をしているところも少なくありません。


世界のどの国に質屋はある?

「世界中に質屋があると言っても、どの国に質屋があるの?」と、思う人もいるのではないでしょうか。日本以外で、質屋の仕組みがある国家の例を挙げると例えばこんな国があります。

  • 中国
  • アメリカ
  • フィリピン
  • イタリア
  • イギリス

ここにあげた国以外にも、たくさんの国で質屋の仕組みは利用されています。それぞれの国ごとに仕組みは大きく変わりませんが、細かい違いはあるようです。ここではそれぞれの国の質屋の様子について紹介していきます。


【中国】

質屋の大元の起源と言われている中国でも質屋の仕組みを持ったお店があります。
中国では「押」という字が使われています。
1956年に質屋は廃止され、そこから30年近くは質屋が存在していなかったのですが、現在質屋は中国では影響力を強めつつあるようです。
質屋は質草という担保を元にお金を借りる仕組みになっており、ローンなどと比べるとスピーディな資金調達ができることが特徴です。こうした点が、資金の回転力が重要視される、中国の中小企業などで注目されています。返済をすぐに行えば、ローンなどより金利が安く抑えられるというメリットもあるため、ビジネスでの利用も少なくありません。


【アメリカ】

質屋に似た仕組みのお店はアメリカにもあり、PAWN SHOPと呼ばれています。
アメリカは日本以上にリサイクルの考えが身近なため、質屋のシステムも身近に捉えられているようです。リサイクルショップの場合は不要になった衣類や安価なモノが対象になることが多いですが、PAWN SHOPでは高額なモノや希少性の高いモノが多く取り扱われています。アメリカの映画の中にはPAWN SHOPが重要な役割を果たすものもあることからもそのことが伺えるでしょう。アメリカはPAWN SHOPやリサイクルの文化が非常に成熟しており、本を扱うのが得意な業者や電子部品を得意とする業者など、様々な業態のお店があることが特徴です。自分の目的に合わせた質屋を選ぶと、より高値で売れることもあるかもしれません。
店舗の立地で扱われている商品の内容がガラッと変わり、中には掘り出し物を見つけられることもあります。


【フィリピン】

フィリピンにも質屋はあり、アメリカと同じくPAWN SHOPと呼ばれています。これはフィリピンがアメリカの植民地だったことがその由来だと考えられています。 フィリピンでは、銀行以上に身近でかつ利用しやすいものとして、PAWN SHOPがあるようです。その大きな理由は、フィリピン人の国民性や、フィリピンの銀行の仕組みが影響しています。
フィリピンでは銀行口座の保有率がわずか30%と非常に低くなっています。これはフィリピンの銀行では口座の維持費と手数料がかかる上、最低預金額が決められているため、一般市民にとって敷居が高いものとなっているそうです。最低預金額以下のお金しか持っていない、貧困層の人はそもそも口座開設ができません。
これに対して、PAWN SHOPはここ数十年で3倍以上に成長するほど、質屋の仕組みが身近なものとして認識されています。フィリピンのPAWN SHOPでは質屋としての業務に加えて、送金業務も行えることが特徴です。そのため、銀行の役割も質屋で十分果たせるため、必要性を感じる人も少ないのでしょう。
またフィリピンは貯蓄する習慣がそれほどなく、何かモノを買う習慣が強いと言われています。貯蓄せずにモノを購入し、お金に困った場合はPAWN SHOPで現金を借りる、という使われ方もされているようです。
以上の点からフィリピンの質屋であるPAWN SHOPは、市民の生活に欠かせないものになりつつあるそうです。


【イタリア】

イタリアにも質屋の仕組みがあります。イタリアでは、質屋が礼拝堂の中にあったそうです。その背景には、人々が借金により、困窮した歴史があると言われています。
中世頃のヨーロッパでは、一般市民の借金が増え、中には20%を超える利子を払っている人もいたと言われており、その困窮具合が伺えます。そのようなお金に困った市民を救済するために、営利を目的とせず、質屋の仕組みを利用したのがその始まりだと言われています。
救済のために教会から発祥したというのが、日本や世界の発祥方法と大きく異なっています。


【イギリス】

イギリスでは質屋はPawnbrokerと呼ばれ、人々に親しまれています。
イギリスではリーマンショックをきっかけにその人気が爆発し、20倍もお店の数が増えました。
最大手の質屋と言わている会社の株価が70%上昇し、その人気の爆発ぶりが窺えます。イギリスに限った話ではありませんが、不況時には質屋の需要が高まる傾向にあります。 イギリスでは、個人での質屋は減少していますが、変わりに増えたのがチェーンで展開する質屋とネット質屋です。ネット質屋という言葉には馴染みのない人も多いと思いますが、店舗を構えず、ネット専業の質屋のことで「24時間いつでも質入れできる利便性」と「与信履歴に影響しないメリット」が支持されている理由だそうです。イギリスはローンの未払いなどで審査に通らなくなる人が多いと言われており、質屋の場合はモノを担保にしているため、審査不要でお金を借りられることが人気の理由なのかもしれません。


質屋は海外でも需要が高い!

今回は海外の質屋の事情やそれぞれの国ごとに質屋の特徴をお伝えしました。
「質屋は日本独自のもの」と考える人もいるかもしれませんが、日本だけのものではなく、国によっては銀行以上に重要な役割を果たしている質屋もあります。
「質屋はちょっと足を運びにくい」と考える人もいるかもしれませんが、実は消費者金融と比べて手早くリスクを抑えて借りられるという、質屋だからこそのメリットもあります。 海外の事例からも分かるように、質屋は庶民の強い味方です。もしお金に困った場合や、不用品が出てきた場合には、リサイクルショップや銀行、消費者金融だけではなく、質屋の利用もぜひ討検してみて下さい。


名古屋で質屋をお探しであれば、質トダ屋にお任せください。
トダ屋は1948年から地域に根ざした質屋として家族経営で営業しております。
家族経営だからこそ、個人の思い出の品を丁寧に扱い、高級文具買取の実績も豊富にございます。
名古屋駅から徒歩圏内、太閤通沿いで分かりやすい立地条件と駐車場も完備。アクセスのよさが自慢の質屋です。「これは買い取ってもらえるだろうか」そうお悩みでも、まずは気軽にご連絡下さい。

【カテゴリー】質屋について

質屋はいつからある?質屋の歴史を紹介します。

2020年3月20日

NAT88_gujyouhacimanhurui20140925143910_TP_V4.jpg

「質屋はどのくらい前からあるんだろう」 そうお考えの人もいるのではないでしょうか。


質屋の歴史は古く、意外にも鎌倉時代からその原型は存在していました。1970年ごろから消費者金融やリサイクルショップが登場したことで、下火になったものの、最近では質屋だからこそできることに注目が集まっています。


今回は質屋の歴史の流れを、わかりやすく簡潔にまとめました。 質屋の歴史を知ることで、質屋だからこそできることについてご理解いただけると思います。


質屋の歴史


質屋の歴史は古く、消費者金融が主流となって一時下火になった時期もありますが、最近ものを大切にする、大切なものを適切な価格で売りたいというニーズから、また少しずつ注目を集めています。そんな質屋の歴史を大まかな流れでまとめると


  • 鎌倉時代に質屋の原型が登場
  • 江戸時代に質屋の数が大幅に増加
  • 1970年消費者金融によって衰退
  • リサイクルや再利用の観点から再注目


になります。 これらの歴史の流れについて、ご紹介していきます。


鎌倉時代に質屋の原型が登場


質屋の原型は鎌倉時代に登場した「戸倉」だと言われています。 文献としては、藤原定家の日記にその名前が登場しており、当時は作り酒屋が兼業として行なっているものが主だったようです。


この当時は貨幣経済が導入され始めたばかりで、これ以前は物と物の交換が主流でした。 消費者金融などお金を借りる手段は現代では多数ありますが、当時はこの戸倉くらいしかなかったようです。


武士や庶民からの利用が多かったものの、その経営面では不安定で、苦境に立たされることも多かったと言われています。


その要因としては


  • 庶民からの反感により、襲われることがあった
  • 政府からの徳政令によって経営難になった


が挙げられます。 武士や庶民からの利用は多かったものの、財産が集まった結果、武士や庶民の反感をかい、打ち壊しを起こされることもあり、また財政が不安定になると「徳政令」と呼ばれる法令が出され、武士や庶民の借金を帳消しにされることもありました。


こうしたことから、戸倉が持っていた債権の大部分が失われ、経営難に追い込まれた戸倉も多くいたそうです。 ただ、モノをお金に変えることのできる戸倉は、生活が不安定な人たちにとって頼みの綱とも言える存在であり、苦しい時代を一緒に乗り越える、庶民の金融機関としてしっかりと生活に根付いていくことになります。


江戸時代に質屋の数が大幅に増加


そんな質屋の数が急激に増えるのが鎌倉時代から年月の経った、江戸時代。


その要因は3つあると言われています。


  • 質屋の制度が確立しはじめる
  • バブルで質屋が一気に増加
  • バブル後の不況でも質屋が増加


今の質屋の元になる制度が概ね確立されたのが江戸時代です。 


この時代で質屋の根幹とも言える

  • 物を預けて、お金を借りる
  • 返済期限を過ぎたものは、売却される

の仕組みがほとんど完成したと言われています。


そしてこの仕組みが定着したことによって、人々の生活に寄り添う存在になり、質屋の名称も馴染みのあるものとして認識されるようになっていきました。


そんな江戸時代ですが、長い歴史の中では、好景気・不景気がありました。生類憐みの令で有名な徳川綱吉の時代にはバブルのような好景気。その際には質屋も好景気の影響を受けその数を増やしました。また、その後の徳川吉宗の時代には不況となりましたが、質屋は減るどころかむしろどんどん増えていったそうです。庶民の生活を支える質屋としての機能が必要とされたからだと思います。


この時期江戸の街中にある質屋の数が1,500件ほどから2,700件あまりまで増えたことから、このことが伺えます。


江戸の人口(※)から逆算すると、300人あたりに対して1件の質屋があったそうで、これは今で言うコンビニなどよりもお店の数が多いくらいだと考えると、どのくらい質屋が多かったか想像できます。その後質屋取締令により、質屋の数は減りましたが、ずっと後にいわゆる消費者金融が登場する前までは、人々がお金を借りる手段として多く活用されていくことになります。


(※)江戸時代の人口については諸説ありますが、ここではターシャス・チャンドラー(TC)の推定都市人口を参考に75〜78万人と想定しました。


1970年消費者金融によって衰退


1970年になると、質屋は団地金融が主流になったことで質屋は一気に衰退します。団地金融とは無担保・無保証人でお金を借りられる金融です。戦後20,000件あった質屋は2015年時点で約3,000件になったことから、質屋がいかに苦しくなったかが伺えます。またリサイクルショップが登場したことで、「不要なものを買い取る」と言う業者が登場したことも質屋の中に苦しいお店が出たことに拍車をかけたと言えるかもしれません。


ここまで見ると、「質屋さん大丈夫?」という印象を持つ人も多いかもしれませんが、決してそうではありません。今の時代だからこそ、質屋が少しずつ再注目を集めています。


今こそ質屋?再注目される理由とは


質屋は消費者金融やリサイクルショップが登場したことで、厳しい状況になりましたが、最近になって少しずつ注目を集めています。


それには、理由があります。


  • リサイクルショップより高く買い取れる可能性がある
  • 仮に返せなくても信用情報に傷がつかない
  • 審査に落ちてしまう人でも借りられる


これが今とても大切なんです。


リサイクルショップより高く買い取れる可能性がある


まず、質屋が注目されるのは何と言ってもリサイクルショップより高く買い取れる可能性があるからです。


リサイクルショップは取扱商品が多いため、スタッフに商品の専門知識がない場合が多く、適切な価値が判断できないため、安く買い取られてしまうことが多々あります。


これに対して質屋の場合であれば、それぞれの商品の価値を適切に判断して、買取価格を決めるので、高価買取に繋がりやすいです。


「少しでも高く大切なものを売りたい」 そんなときに質屋は大活躍します。


仮に返せなくても信用情報に傷がつかない


質屋が注目される理由は、仮に借りたお金を返せなくても、信用情報に傷がつかないことです。 消費者金融やクレジットカードなどの支払いを延滞すると、信用情報機関にその情報が登録されます。その信用情報は5年間は消えないため、マイカーのローンや住宅ローンなどを組むことができず困ってしまうことも。


これに対して、質屋の場合は自分の品物を担保にお金を借りられるため、返済できなくても、信用情報に傷がつくことはありません。万が一返済が難しい場合は、その品物を手放すことで返済義務もなくなります。


「返済できなかったらどうしよう」と不安な方に質屋はおすすめです。


審査に落ちてしまう人でも借りられる


質屋が注目されているのは、審査に落ちてしまうような人でもお金を借りられることです。


消費者金融などでお金を借りる場合は、審査が行われ、収入が不安定な人や信用情報に傷がある人の場合、審査に落ちてしまうことがあります。


これに対して、質屋では商品を担保にするため、借りるときに個人の信用力が影響することはありません。


「審査に落ちてお金が借りられない」そんな方にとって質屋は強い味方になるでしょう。


今のご時世でも質屋だからこそできることがある


この記事では質屋の歴史について解説し、質屋が今再注目される要因について解説しました。


質屋は大切な品物を少しでも高値で売りたい人や、信用情報に傷をつけずにお金を借りたい人の場合に、消費者金融やリサイクルショップ以上に強い味方になります。


名古屋で質屋をお探しであれば、質トダ屋にお任せください。


トダ屋は1948年から地域に根ざした質屋として家族経営で営業しております。


家族経営だからこそ、個人の思い出の品を丁寧に扱い、高級文具買取の実績も豊富にございます。


名古屋駅から徒歩圏内、太閤通沿いで分かりやすい立地条件と駐車場も完備。アクセスのよさが自慢の質屋です。


「これは買い取ってもらえるだろうか」 そうお悩みでも、まずは気軽にご連絡下さい。

【カテゴリー】質屋について

質屋に7がつく日を休みにしているお店が多い理由

2020年3月11日

day-planner-828611_640.jpg

「質屋に品物を預けようと思ったけれど、休みだった」そのような体験をしたことはないでしょうか。


一般的なお店は曜日ごとに休みが設定されていることがほとんどですが、質屋は「7」のつく日、「7日」「17日」「27日」を定休日にしているお店が多くあります。特に昔から質屋をしている、いわゆる老舗の質屋にその傾向があるような気がします。もちろん、創業60年以上の「質トダ屋」もそんなお店の一つです。


最近では質屋でも曜日ごとの休みを取るお店も増えていますが、なぜ質屋は「7」がつく日を休みにしているのしょうか。今回はそんな質屋の豆知識をご紹介します。


7日が休みになる理由

結論から言うと、7日が休みになる大きな理由は、2つあると言われています。


  • 呼び方が近いことから
  • 営業日を覚えやすくするため


聞いてしまうと「な〜んだ」という理由ですが、もう少し理由を説明すると、「なるほど。昔から続く先人の知恵かも」と思っていただけるかもしれません。


呼び方が近いことから

「7」のつく日が質屋の休みである理由はその呼び方が近いからです。

「質(しち)」と「7(しち)」で読みが同じですよね。


質屋さんによっては「8(はち)」のつく日も休みにしていることがあります。


「大した理由じゃないな」と感じる方もいるかもしれませんが、このダジャレ、次に紹介する営業日を覚えやすくするに繋がる結構大切なことなんです。


営業日を覚えやすくするため

質屋さんが「7」のつく日を定休日にしている理由は、その営業日を覚えやすくするためです。


というのも、質屋には「質流れ」という、質預かりをしているものを期日を過ぎてしまうと商品として販売する制度があり、お店が休みのために手続きができなかった・・ということがないようお客様に営業日を覚えてもらう必要があるのです。


期日が過ぎる前であれば、現金と利息を質屋に払うことで、その品物を手元に戻せます。


また、お預かり期間中に利息を入金していただくと、期間の延長をすることも可能です。


しかし、期日を過ぎてしまえば、その商品は質流れになり、手元に戻せなくなってしまいます。


大切な品物であった場合、「その期日を定休日を把握していないために過ぎてしまった」なんてことになるのは嫌ですよね。


そのような事態になる可能性を少しでもなくすため、質屋の定休日は覚えやすい「7」のつく日になったと言われています。こうした定休日の決め方を見ても、お客様の生活に寄り添うのが、本来の質屋の営業スタンスだと私は考えています。


質屋で質預かりをした場合は定休日をしっかり覚えよう

今回は質屋が「7」のつく日が定休日になっている理由についてご紹介しました。


今では曜日で定休日を決めるところも出てきましたが、まだまだ昔ながらの質屋はこの定休日の取り方を採用しています。


質トダ屋は「7」のつく日「7日」「17日」「27日」を定休日にしています。質預かりをしている人や買取を検討している人は、これらの日付を避けてご来店ください。

【カテゴリー】質屋について

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください!
052-451-4168
フリーダイヤルもご用意しております。
0120-758-478
営業時間:9時~21時 休業日:毎月7・17・27日、年末年始・お盆

TOPページに戻る